社会保険労務士(社労士)社会保険労務士(横浜・横浜市)/起業支援・会社設立・就業規則へ(ホームへ)人を大切にされる事業主さまを応援しています。

時間外、休日及び深夜の割増賃金/労働基準法

・ 時間外、休日及び深夜の割増賃金 (労働基準法第37条) ・

 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合1)においては、その時間又はその日の労働3)については、通常の労働時間又は労働日の賃金4)の計算額6)の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率7)以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない10)

 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

 使用者が、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間において労働させた場合2)においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない10)

 第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない5)


社会保険労務士(横浜・横浜市)/起業支援・会社設立・就業規則へ(ホームへ)
横浜の社会保険労務士(神奈川県横浜市)(ホームへ)

〒240-0025 神奈川県横浜市保土ヶ谷区狩場町475-20-407
たかはし事務所 (社会保険労務士 行政書士 たかはし労務総合事務所)
  代表:社会保険労務士(社労士)  高橋佳史(たかはし よしふみ)


All Rights Reserved. Copyright(c) 2005 Takahashi Labor General Office.