本題に入る前に

日本がもっとよくなってほしいなぁ。ある本をきっかけに真剣に思うようになりました (ご興味のある方はこちらへ)。
あるとき、それが、好業績の会社をお手本にすれば出来ると気づきました。それをこのサイトでご紹介していきます。

お手本となるのは好業績の会社

好業績のイメージ

□私はこれまでおよそ40年間、全国各地の約6500社の中小企業を訪問し、その経営の現場をただひたすら見てきました。そしてそのうちのおよそ一割の企業は、好不況にかかわらず、その業績がほとんどぶれていないことに気がつきました。
それも、売上高対経常利益率で見ると、長期にわたって5%前後以上を持続しているのです。なかには50年以上連続増収増益で売上高経常利益率は10%以上という企業や、40年間、売上高経常利益率が20%以上といった驚くべき企業もありました。
それらの企業は、景気を超越し、景気を創造していたのです。つまり、景気は関係なかったのです。
そこで、こうした企業をハード面・ソフト面から詳細に調査研究してみると、いくつかの共通する特長があることがわかります。
その最たる共通項とは、「人間尊重経営」「人本経営」、つまり人を大切にする、人のしあわせを念じた経営が貫かれていることでした。

《日本でいちばん大切にしたい会社3 坂本光司著》

□企業が経営を進めていく上でとりわけ大切な人は、次の5人です。
1人目は、「社員とその家族」。
2人目は、「仕入先や協力工場等で働く社外社員とその家族」。
3人目は、「現在顧客と未来顧客」。
4人目は、「地域住民、とりわけ障がい者や高齢者などの社会的弱者」。
5人目は、「株主・出資者・支援者」。
まず経営者が大事にしなければならないのは、「社員とその家族」であり、「仕入先や協力工場等で働く社外社員とその家族」です。
そして、社員がとりわけ大切にしなければならないのは「現在顧客と未来顧客」です。

《日本でいちばん大切にしたい会社4 坂本光司著》

ピンのイメージこの話は今でも心に響いています。こうした考えに共感される会社さまのお役に立ちたい、と思っています。ピンのイメージ

□いい会社はいい理念を持ち、かつ、それが社員に浸透している。

《利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか 坂本光司著》

□理念を浸透させるツールの一つが就業規則です。

 

□経営理念、就業規則に完成はなく、継続してよりよいものにしていくことが大切と考えています。

人を大切にする、人の幸せを念じる心

 

日本人の心のイメージ

この写真を見ていると、自然と柔らかい笑顔になってしまいます。とても幸せな気持ちにもなり大好きです。
こうした赤ちゃん、子どもを想う心が、「人を大切にする、人の幸せを念じる心」の原点の一つになっていると思います。