就業規則を読んでいるイメージ

就業規則の意義

労働条件などをはっきりと定め、トラブルが生じないようにしておくこと
(厚生労働省が言っていることです。就業規則の基本機能といえると思います)

会社が就業規則に望むこと

⑴無用なトラブルを防ぎたい。このレベルで充分

→ネット等により入手可能

⑵会社の体力つくまでは、出来るだけ労働条件などスリム・コンパクトにしておきたい

→社労士に依頼しないと素人では難しいときがあります

⑶これ以上のことを望みたい。例えば、好業績をあと押しするツールにしたい

→対応している社労士は少ないと思います。弊所の就業規則はここまで対応しています

 

弊所の就業規則の特長(具体例)

⑴社是・経営理念・フィロソフィのご提案

就業規則にとどまらず、弊所が推奨する、皆が共感できる社是・経営理念・フィロソフィをご提案します。まだ確立できていない、といった会社さまはぜひご活用ください。

⑵就業規則に対する基本姿勢が多くのものと異なる

上から目線(~しなければならない)、後ろ向きな表現(~してはならない)が非常に多い就業規則をよく見かけます。これは、「就業規則は会社のためにある」、「給料を払うんだから言うことを聞くのは当たり前」といった意識が強すぎるからだと思います。反対に、弊所の就業規則は、「まず、従業員を大事に大切に」がありますから、こうした表現が自然となくなっています(国が作成した規定を利用した育児介護休業規程などがあるため、ゼロにはまだなっていません)。会社がこうした姿勢を示すことにより、従業員も会社を大事にしてくれるようになります。

⑶服務規律の充実

従業員にとって印象の悪い服務規律を、分類整理し、印象がよく読みやすいものにしています。

①目的ごとに分類整理

・「望ましい状態をつくっていくため(働く仲間を幸せにするため)」、「望ましい状態を維持していくため(働く仲間に迷惑をかけないため)」に分類
・「働く仲間を幸せにするため」の規定は、会社に好影響を及ぼすものであり、自分たちの会社をより良い状態にするものであり、自分たちのあるべき姿を示したものです。弊所就業規則の特長の中心となる所であり、社是・経営理念・フィロソフィと並び力を入れて作成した所です。

②対象者ごとに分類整理

・「全員が対象」か「ごく一部の従業員が対象」かに分類
・「ごく一部の従業員が対象」は、ほとんどの人はわかっておりやらないことであること、ほとんどの従業員は読み流していいことを明確にし、モチベーションが下がらない様、配慮しています。
・加えて、「ごく一部の従業員が対象」は、ごく一部の従業員といえども、大切な従業員です。この従業員を不幸にしないための内容を明確にしたものです。

③真剣に深刻に受け止めてほしい内容の理由を明確化

これも、ほとんどの人はわかっておりやらないことですが、とても重要なことなので、分類をわけて明確にしています。

⑷労働条件等への利他の心の浸透

例えば、労働条件の一つである休暇について、休暇取得に対する心がまえとして、「迷惑をかけない」ことの大切さを規定化しています。

⑸創業して間もないといった会社体力が充分でないときに配慮

法定休日・法定外休日の明確化等

⑹従来のやり方ではリスクのあることに配慮

管理監督職の残業、労災の上乗せ補償等

今後について

技術や経済は進歩発展を続けています。松下幸之助さんがおっしゃっていたように今後も限りなく進歩発展を続けてゆくのでしょう。
これは、就業規則、社是・経営理念・フィロソフィなども例外ではないと思っています。
これからも、お役にたつ、より良い就業規則、社是・経営理念・フィロソフィなどをご提供していきたいと思っています。