優れた人材を育成

「優れた人材を育成すること」、これはほかの何物にも優先する経営戦略です。
この人材を育成する仕組みとして、代表的なものに人事制度があります(従来の人事制度は、「給与を決めるために」といった目的が多くを占めていましたが今は変わってきています)。
「うちは創業間もないから、人事制度はまだ早いよ」と考えられている事業主さまが多いかもしれません。しかし、そう決めつけていいものでしょうか?それでは、「優れた人材を育てるのはまだ早いよ」と言っているのと同じかもしれません。
ここは前向きに、「人材を育成する人事制度」を作ることを検討してみませんか。
もし作るとした場合、2つの選択肢があります。それは、「自力で作る」、「外部に委託して作る」の2つです。

①自力で作るとすると・・・自己啓発のイメージ

創業間もない会社であれば、自力で人事制度を作ることは可能です。自力で作るポイントは、まず良書を読むことです。その良書とは、ズバリ、
「人事の超プロが明かす評価基準」、「A4一枚賃金制度」、この2冊です。

②人事コンサル会社など外部に委託して作るとすると・・・

・創業間もない会社でも運用できる人事制度にしてくれるのか?
・少なくとも数十万の費用が発生。費用対効果はあるのか?それを保証してくれるのか?
→この疑問を解決できるかどうかは、委託先によりますよね。

この続きはこちら (”創業間もない会社の人事制度”のページへ)  クリックのイメージ